医学部の受験について

医学部の受験について

医学部の受験について まず、医学部とは地方の医師不足の問題を解決するために、一県一医大という政策を決定しました。
国公立の入学金は、30万円程度です。年間の授業料は、50万円程度です。
一方私立は、入学金は100万円から、200万円ていどです。
年間の授業料は、200万円から300万円台が中心で施設費用が200万円から700万円かかることが多いです。
医学部とはどんなところなのかというと、病気の治療と健康維持、増進の寄与を目的としている学問で、対象は分子、細胞レベル、人の臓器や精神、社会世界、宇宙にまでもなります。
単に医学部とは、一般に医学科をいいます。
どんなことを学ぶのか、基礎医学、臨床医学、社会医学です。
一年次は、一般の教育科目を中心として、リハビリ施設、老人医療施設の現場で実習を行い倫理や医師の心構えを学びます。
二から四年次は、専門科目と実験、実習、解剖学、生理学、病理学基礎医学と内科学、外科学などの社会医学を学んでいきます。
四年次には、取得した知識技能を評価する試験をうけます。
医学部の受験については、大学受験のなかでも難易度は最高のレベルです。
受験については、出願の際年齢制限はありません。
試験科目は、推薦入試、指定校推薦入試、AO入試など入試形態により、違います。

医学部の受験に論文や作文も

医学部の受験に論文や作文も 医学部の受験には、理系科目はもちろんのこと、英語や小論文または作文といった課題が課されることがよくあります。
ですから、自分は理系だから文系科目は必要ないと考えずに、ちゃんと対策をしなければ合格は難しいでしょう。
しかし、小論文や作文といった科目は、受験対策と言われても何をしたらいいのか、どういう文章が書ければいいのか、いまいちピンと来ないかもしれません。
そういう場合は、塾や予備校で小論文対策講座を使って勉強するという方法もあります。
しかし、医学部受験は科目数が多く、なかなか小論文まではじっくり取り組む時間がないという人も多いはずです。
そういう人の受験対策としては、まずは志望大学の過去問題集には目を通してみて、出題傾向を把握することから始めてみましょう。
傾向がわかれば、その傾向に沿った参考書や問題集に取り組むのがいいです。
医学や医療系の小論文や作文の対策に特化した参考書や問題集がたくさんあるので、そういうところから取り組み、最終的には過去問を解いてみるといいです。
しかし、小論文などの採点は自己採点ができないので、先生に見てもらって添削やアドバイスをしてもらうようにしましょう。
また、医療系や時事問題などの出来事やキーワードについては、最低限知識として勉強しておく必要があります。

おすすめ医学部受験関連リンク

一人ひとりに合ったカリキュラムできめ細かなサポートをしてくれます。

医学部 受験 東京